小学校トイレ問題 農時新聞 すまいの相談窓口info

【埼玉・久喜】本町小の狭小トイレ改善へ

全国の歴史の古い小中学校には、同じ課題があるのではないでしょうか。
2022年2月発行の農時新聞 42号で掲載された、小学校の狭小トイレ問題を転載します。
農時新聞 2022年2月1日付記事より

本町の狭小トイレ改善へ
「まともに座れない」不満の声に応える 久喜市

狭小トイレで児童が使用時に困っている問題が表面化した久喜市本町小学校。同市は事態を重視し今年度内に狭いトイレを改善する方針を固め、準備に入った。

市の榊原俊彦・教育委員会教育総務課長と野川和男・財政課長の話を総合すると、改善は現形予算(今年度教育委員会に予算措置された各項目の執行状況を精査し余っている分)を流用して実施するとしている。1月20日の取材で榊原課長は「改善の対象は高学年(4~6年生)のトイレ」、「150万円~200万円の予算で実施する」と語る。

岡崎議員の指摘 市当局を動かす

12月議会で岡崎克己議員が父母からの声として「先端から壁まで18cmしかなく高学年児童はまともに座れない」「トイレが暗い」「配管詰まりが日常」など現状を明らかにし、子どもたちのために早急の改善を市に求めた。

今回の決定に同議員は「指摘を真摯に受け止めて、行動に移してくれたことについてはありがたいと思っている。ただ、子どもたちの日常生活を考えたら指摘する前にやるべき案件だった」と語る。

同小では今年で開校48年。老朽化で設備の劣化が顕著だ。

農時新聞

農時新聞は、農業生産法人 誠農社が発行する フリーペーパーです。
地域の振興と活性化を目的に、毎号、久喜・加須を中心に地域の話題が掲載されています。
商品広告が非常に少ない点が特徴で、最新号の42号では1面に久喜市長選に関して、2面以降には済生会加須病院や久喜市本町小学校の記者リポートなど、地元に密着した地域の情報が揃います。4面には読者投稿の和歌コーナーやプレゼントも充実。
久喜・加須市民だけでなく、都心から郊外に移転を考えている方にとっても良い情報源です。
最新号(2022年2月1日発行号)およびバックナンバーは、発行元:誠農社のサイトでご覧いただけます。

フジハウジング すまいの相談窓口

久喜市でHAPPYなお部屋探し
賃貸物件のご相談はこちら

情報サイト
久喜賃貸ナビ

久喜駅東口徒歩3分の直営店
すまいの相談窓口(実店舗)

不動産売買のご相談はこちら

情報サイト
久喜不動産ナビ

久喜駅東口徒歩3分の直営店
フジハウジング(実店舗)

>すまいの相談窓口 info

すまいの相談窓口 info

埼玉県久喜市「すまいの相談窓口」が発信する、地域情報と不動産のお役立ちブログ。地元スタッフが情報を随時更新! 久喜市の暮らしをもっと楽しく!
お部屋探しと不動産売買はすまいの相談窓口にお任せください。地域に詳しいスタッフがより良いご提案をいたします。

CTR IMG