農時新聞 2021年8月8日号

【埼玉・久喜/加須】生理の貧困 経済的困窮者に無償提供

埼玉県久喜市および加須市それぞれの「生理の貧困」問題対策について2021年8月発行の農時新聞 40号で掲載されました。記事の中身を下記にて転載いたします。
農時新聞 2021年8月8日付記事より 

経済的困窮者に無償提供

コロナ禍で起きた現象のひとつ「生理の貧困」問題に国や地方公共団体が救済に乗り出した。加須市は5月26日から経済的困窮者に防災備蓄備品から生理用品の無償提供を開始した。一方久喜市は6月30日の議会で補正予算が承認されたので8月22日から新品を購入して無償配布することで準備を始めた。

生理の貧困とは「お金がなくて生理用品が買えない」「利用できないことを言えない」「利用しにくい環境にあること」を指す。

加須市 防災備蓄品から270パック放出

加須市は保存期間間近な生理用品(生理ナプキン30枚入り270パック)をプライバシー対策を講じたうえで市役所や保健センターなど市内12ヵ所で、窓口開庁日の午前8時30分~午後5時まで原則1家庭1パックを無償提供している。福祉部によると7月20日現在71パックの利用があったという。同部では在庫がなくなるまで続けるとしている。問合せ先(TEL)0480-62-1111

久喜市 千人分を確保 8月22日~配布

久喜市は6月30日の市議会で補正予算に計上した緊急生活用品支援事業の中の生理用品購入費89万9000円が承認されたことから8月22日から市役所本庁舎や支所などで無償配布することを決めた1000人分を用意する予定で全て新品を購入し配布する。市ではプライバシーに配慮して周囲に気付かれない方法で生理用品を渡すとしている。問合せ先(TEL)0480-22-1111

農時新聞とは

農時新聞は、農業生産法人 誠農社が発行する フリーペーパーです。
地域の振興と活性化を目的に、毎号、久喜・加須を中心に地域の話題が掲載されています。
商品広告が非常に少ない点が特徴で、最新号の40号では1面に水害に関する久喜市・加須市の対策動向や、市内少年野球チームの話題など、地元に密着した地域の情報が揃います。4面には読者投稿の和歌コーナーやプレゼントも充実。
久喜・加須市民だけでなく、都心から郊外に移転を考えている方にとっても良い情報源です。
最新号(2021年8月8日発行号)およびバックナンバーは、発行元:誠農社のサイトでご覧いただけます。

農時新聞8月8日号が発行されました

フジハウジング すまいの相談窓口

久喜市でHAPPYなお部屋探し
賃貸物件のご相談はこちら

情報サイト
久喜賃貸ナビ

久喜駅東口徒歩3分の直営店
すまいの相談窓口(実店舗)

不動産売買のご相談はこちら

情報サイト
久喜不動産ナビ

久喜駅東口徒歩3分の直営店
フジハウジング(実店舗)

>すまいの相談窓口 info

すまいの相談窓口 info

埼玉県久喜市「すまいの相談窓口」が発信する、地域情報と不動産のお役立ちブログ。地元スタッフが情報を随時更新! 久喜市の暮らしをもっと楽しく!
お部屋探しと不動産売買はすまいの相談窓口にお任せください。地域に詳しいスタッフがより良いご提案をいたします。

CTR IMG